ニュース


「VENOM」脆弱性対応について

平素はRenbirdサービスをご利用いただきありがとうございます。


仮想化基盤システム「KVM」において、仮想フロッピードライブコントローラに脆弱性があり、ゲストOSのrootユーザがホストOSで任意のコードを実行する事が可能となり、他のゲストOSの操作も可能となります。

『VPS設定代行サービス』で利用しておりますさくらインターネット様の『さくらVPS』では基盤にKVMを利用されています。
この為、該当の脆弱性に影響を受ける可能性があります。

2015年5月18日 15時までにホスト側の対応は完了しておりますが、ゲストOSの再起動が必要となります。
再起動は2015年5月26日から順次、さくらインターネット様で実施されます。


再起動が実施される数分間はサーバへのアクセスが出来なくなります。


【重要】【さくらのVPS】「VENOM」脆弱性対応に伴うメンテナンス実施のお知らせ




2015-05-20 09:00【 お知らせ   】

カテゴリー


機器搬出 データセンター見学